太陽光発電で電気代は0円になる?電気代を安くするコツとは

公開日:2024/01/15
電気代

電気代の高騰が続いており、家計に大きな影響を与えているご家庭も多いでしょう。そのため、日ごろから電気代の節約を心がけている方も多いはずです。電気代はさまざまな節約方法がありますが、なかでもおすすめなのが太陽光発電システムを使った節約です。そこで今回は、太陽光発電システムを使って電気代を安くするコツを紹介します。

太陽光発電で電気代は節約できる?

太陽光発電システムは、ソーラーパネルで集めた太陽エネルギーを電力に変えるシステムです。そんな太陽光発電システムを使って電気代が節約できるワケを紹介します。

電気が自家発電できるから

太陽光発電システムによって発電した電気は、そのまま家庭で使えます。太陽光発電システムで自家発電した分は、電力会社から電気を購入する「買電」をしなくて済むため、結果的に電気代の節約につながります。

買電量を減らすと電気の単価が安くなるから

自家発電によって買電量が減ると、電気の単価が安くなります。一般的な家庭の電気料金プランは「従量電灯」プランが多いです。従量電灯プランは、電気の消費量によって単価が決まり、電気の消費量が少ないほど単価も安くなります。

そのため、太陽光発電システムで自家発電をした分電気の消費量が減ると、買電量が少なくなり、電気の単価が安くなるでしょう。単価が安くなれば、電気代全体が安くなります。

電気代が0円にならない?電気代を削減するコツは?

いくら太陽光発電システムを設置していても、天候によって発電できないことも多く、電気代を0円にすることはなかなか難しいです。しかし、せっかく太陽光発電システムを設置しているなら、なるべく電気代を減らしたいと思うでしょう。そこで、太陽光発電システムを使って電気代を減らすコツを紹介します。

夜間に使う電気量を減らす

まずは、夜間に使う電気量を減らしましょう。太陽が出ていない夜間は発電ができないため、電力会社から買電をすることになります。そのため、夜間に使う電気量を減らすことで買電量が減り、電気代が節約できます。

具体的には、夜間に電気を使う家事を、発電ができる日中に行うのがおすすめです。また、日中に家事をするのが難しい場合は、夜間の電気料金が安いプランに変更するとよいでしょう。

蓄電池を導入する

太陽光発電システムと併用して、蓄電池の導入も検討するとよいでしょう。蓄電池とは、電気を貯めておける設備のことです。太陽光発電システムと蓄電池を併用すれば、太陽光発電システムで発電した電力を蓄電池に貯められます。

そのため、日中に発電した電力を蓄電池に貯めて、夜間に使えます。夜間の電気量が多いというご家庭は、蓄電池を導入することで電気代を大幅に節約できるでしょう。

余剰電力を売る

太陽光発電システムで多くの電力を発電できたときは、余剰電力を電力会社に売るのもひとつの手です。余剰電力を売れば売電収入が入るため、結果的に電気代が節約できます。余剰電力の買取価格は、固定価格買取制度が適用されることで10年間は固定されます。

固定価格買取制度の期間内であれば、余剰電力による売電収入の見通しが立てやすくなるでしょう。

電気の契約プランを見直す

契約している電気の契約プランを見直してみましょう。2016年以降、電力自由化が導入されてから、さまざまな電力会社があります。そのため、電力会社によっては今よりも電気料金が安くなるプランがあるかもしれません。

現状の契約プランと消費電力を見た上で、よりお得な電力会社やプランがないかどうか検討してみてください。

太陽光発電で電気代を節約する際の注意点

ここからは、太陽光発電システムで電気代を節約する際の注意点を紹介します。

天候や季節で発電量は変動する

太陽光発電システムは太陽光エネルギーを電気に変えるため、天候や季節によって発電できない日もあります。雨の日や寒い日が続く月は、発電量が少なくなることを理解しておきましょう。

太陽光発電システムだけでは電気を貯められない

太陽光発電システムだけでは、発電した電気を貯めておくことはできません。蓄電池を導入していない限り、余った電気は電力会社に売電することになります。発電した電力をすべて自家消費したい場合は、蓄電池の導入を検討しましょう。

売電価格は年々値下がりしている

余剰電力を売れば売電収入が得られますが、売電価格は年々値下がりしています。固定価格買取制度が開始された2012年の売電価格は1kWhあたり42円でしたが、2023年の売電価格は1kWhあたり16円になっています。そのため、余剰電力を電力会社に売るよりも、蓄電池を設置してすべて自家消費することをおすすめします。

まとめ

太陽光発電システムを使った電気代の節約方法について紹介しました。太陽光発電システムを設置すれば、太陽光という自然エネルギーを使って自家発電ができるので、電気代を節約できます。また、今回紹介した節約方法を実践することで、さらに電気代の節約が可能になるでしょう。

電気代の高騰が続く今、太陽光発電システムを上手に使うことで、家計の負担を少しでも減らせます。これから太陽光発電システムの設置を検討している方はもちろん、すでに太陽光発電システムを設置している方も、ぜひここで紹介した節約方法を試してみてください

【静岡県】おすすめの太陽光発電施工業者比較表comparison

イメージ1
2
3
4
5
6
7
会社名株式会社エネシス静岡オーエフシステム株式会社池戸電気株式会社スリーエフサービス株式会社株式会社MGプラン株式会社ユーニヴァース株式会社ソルエナジー
特徴もともと施工専門会社からスタートしており、大手ハウスメーカーからの仕事も引き請けているので、多種多様な住宅構造を熟知しており施工スタッフの知識が豊富。国内外主要メーカーの、さまざまな太陽電池や蓄電池を取り扱っている。太陽光発電システムと相性の良い機器のご提案も行っている。すべてのメーカーの施工IDを取得しているので、依頼人の要望どおりのメーカー・商品を最良の施工方法で設置。専門知識が必要な太陽光発電の導入において、相談者の要望にあった金額や能力のシミュレーションを提出し、安心・安全な提案を提供する。「国内メーカーがいいけど、価格も抑えたい」という要望に応えている。自社施工にこだわっているので、経験豊富な電気工事士が工事を行う。
対応サービス太陽光・蓄電池・エコキュート・リフォーム・法人対応太陽光・蓄電池・リフォーム・法人対応 など太陽光・蓄電池・エコキュート・法人対応 など太陽光・蓄電池・エコキュート・リフォーム など太陽光・蓄電池・エコキュート・リフォーム 法人対応など太陽光・蓄電池・エコキュート など太陽光・蓄電池・エコキュート・法人対応 など
保証メーカー保証に加え10年の自社保証を付帯定期点検を実施各種メーカー保証どの業務においても、かならず1年後に再確認を行う。定期点検を実施(モジュール表面洗浄、各種点検、発電量計測など)太陽光発電設置後も、 節約情報や最新情報をLINEで配信中。固定価格買取制度が終了したあとも、依頼人のエコライフを長期にわたってサポートする。設置後10年間保証
※一部メーカー対象外
実績太陽光発電3,000件以上
蓄電池1,000件以上
1997年から太陽光発電普及に取り組んできた、実績と信頼がある。静岡県西部を中心に、1,000棟以上の施工実績がある。1997年の創業から25年以上の経験・実績がある静岡県を中心に全国で太陽光発電の販売施工を展開し、信頼性の高い施工方法をを提案している。販売実績25年以上地域密着企業として地元浜松で10年以上、1,000件以上の施工を実施。
問い合わせ電話・メールフォーム電話・メールフォーム電話・メールフォーム電話・メールフォーム電話メールフォーム・LINE電話・メールフォーム
営業時間9:00~17:00
定休日:土日
9:00〜18:00平日:8:00~17:00記載なし8:00~20:009:00~20:00
年中無休 ( 土・日・祝日も営業中)※年末年始を除く
8:30~17:30
会社所在地〒430-0944
静岡県浜松市中区田町326-4
棒屋第4ビル2階
〒432-8063
静岡県浜松市南区小沢渡町17-1
〒432-8048
静岡県浜松市中区森田町80
〒436-0029 
静岡県掛川市南2-7-77
〒436-0028
静岡県掛川市亀の甲2丁目10-5
〒420-0042
静岡県静岡市葵区駒形通6-7-18
市川ビル1階
〒434-0004
静岡県浜松市浜北区宮口460-1
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
公式サイト公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ