太陽光発電をリースで導入する場合のメリットとデメリットを解説 

公開日:2023/09/15

クリーンなエネルギーとして代表的な太陽光発電ですが、設置するためには高いコストがかかります。そこで近年注目されているのが、太陽光発電のリースです。今回は、太陽光発電のリースについて、特徴やメリット・デメリットなどについて紹介します。太陽光発電の導入を検討中の方は、ぜひ最後までご覧ください。

リースは太陽光を導入するときに利用できる手段の1つ

太陽光発電を購入・設置する場合、初期費用として100~150万円程度が必要です。ローンを組む場合がほとんどだとしても、費用の高さは太陽光発電設置のやはり大きなネックと言えるでしょう。

費用の大きな負担を懸念している方にとって、太陽光発電のリース契約は注目の導入方法となります。

太陽光発電のリースとは?

太陽光発電のリース契約とは、リース会社が所有している太陽光発電の設備を、一定の期間借りるシステムです。毎月固定の金額を支払うことで、初期費用0円で、太陽光発電を導入できます。

契約内容によっては、発電された電気を自家消費したり、売電したりすることも可能です。太陽光発電を0円で導入する方法は、もうひとつPPA契約という方法もあります。

PPA契約とは?

PPA契約では、0円で太陽光発電装置を設置してもらい、発電された電気から自家消費するという点は、リース契約と同じです。しかし、毎月固定の料金を支払うリース契約に対し、自家消費した分の電気代を支払うという点が大きく異なります。

PPA契約の場合、発電された電気は、自家消費分以外は業者のものとなり、契約者が売電することはできません。

初期費用がかからないなどのメリットがある

ここからは、リース契約の具体的なメリットを見ていきましょう。

初期費用がかからない

リース契約の最も大きなメリットは、初期費用がかからないという点です。100万円以上はかかる太陽光発電設置の費用が不要になるので、融資先を探す必要もありません。

太陽光発電は導入したいが、まとまったお金が準備できない、出したくないという方にとって、リース契約はおすすめのシステムだと言えます。

電気は自由に使える

発電された電気は契約者が自由に使うことができます。自家消費して余った分は売電すれば、その分を差し引きしてリース料金が安くなる場合もあります。

住宅ローンの審査に影響がない

リース契約の場合、太陽光発電設備設置のためにローンを組む必要がありません。住宅購入と同時に太陽光発電の導入を希望している場合も、融資の必要がないリース契約なら、住宅ローン審査に影響がありません。

メンテナンスや修理費用は業者が負担

太陽光発電は、4~5年に1度の割合で定期点検をすることが推奨されています。点検費用は1~2万円、修理費用には1~10万円程度かかりますが、契約内容によっては、太陽光発電設備のメンテナンスや修理の費用を業者が負担してくれる場合があります。

契約終了後の設備譲渡が可能

契約内容にもよりますが、契約終了後は、太陽光発電の設備を撤去するか、そのまま設置し続けるかは、契約者の判断となることがほとんどです。そのあとのメンテナンス料は負担しなければなりませんが、初期費用は最小限で、太陽光発電を手に入れられます。

途中解約は違約金が発生することも

設備を設置するときには、費用面での大きなメリットが考えられるリース契約ですが、注意すべき点もありますので、しっかりと確認しておきましょう。

契約期間が長い

太陽光発電のリースは、ほとんどが10年以上の長期契約となります。その間、リース料を支払い続けなければなりません。しかし、発電量は変動しやすいものなので、売電による利益に保証はありません。

総額では割高になる

リース料の相場は、1ヶ月当たり1~4万円程度ですが、仮に2万円を毎月支払うとしても、10年間で240万円となります。万一修理費用が自己負担なら、コストはもっと高くなります。

初期費用は0円ですが、売電で得た収入を差し引いたとしても総額としては、リース契約の方が割高になります。

途中解約ができない

リース契約は、リース会社が契約者の代わりに太陽光発電設備を購入し、貸し出すというシステムです。そのため、途中解約ができない場合がほとんどです。

長期契約の場合、何らかの理由により途中解約をしたくてもできない、もし可能だとしても、リース料金の残高や撤去費用、違約金などが請求されてしまいます。

契約終了後の売電収入が大幅に減る

太陽光発電は、設置してから10年間は売電価格が固定されているため、ある程度の収入は見込めます。その代わり、10年目以降は売電価格が大幅に下がってしまう可能性が大きくなるのです。

リース契約が10年なら、ちょうど契約終了のタイミングで売電収入が激減、もしリース契約が10年以上なら、リース料金の負担が継続しているのに売電収入が減るという状況に陥りかねません。

まとめ

初期費用の高さが太陽光発電導入のネックと言われてきましたが、リース契約はその欠点をカバーし、太陽光発電の導入に対するハードルを大きく下げました。

しかし、初期費用が無いということだけで、安易に契約してはいけません。リース契約のデメリットをよく理解したうえで、太陽光発電を使用した場合の詳細なシュミレーション、支払総額、メンテナンスなどのサービスなどをしっかりと確認しましょう。

【静岡県】おすすめの太陽光発電施工業者比較表comparison

イメージ1
2
3
4
5
6
7
会社名株式会社エネシス静岡オーエフシステム株式会社池戸電気株式会社スリーエフサービス株式会社株式会社MGプラン株式会社ユーニヴァース株式会社ソルエナジー
特徴もともと施工専門会社からスタートしており、大手ハウスメーカーからの仕事も引き請けているので、多種多様な住宅構造を熟知しており施工スタッフの知識が豊富。国内外主要メーカーの、さまざまな太陽電池や蓄電池を取り扱っている。太陽光発電システムと相性の良い機器のご提案も行っている。すべてのメーカーの施工IDを取得しているので、依頼人の要望どおりのメーカー・商品を最良の施工方法で設置。専門知識が必要な太陽光発電の導入において、相談者の要望にあった金額や能力のシミュレーションを提出し、安心・安全な提案を提供する。「国内メーカーがいいけど、価格も抑えたい」という要望に応えている。自社施工にこだわっているので、経験豊富な電気工事士が工事を行う。
対応サービス太陽光・蓄電池・エコキュート・リフォーム・法人対応太陽光・蓄電池・リフォーム・法人対応 など太陽光・蓄電池・エコキュート・法人対応 など太陽光・蓄電池・エコキュート・リフォーム など太陽光・蓄電池・エコキュート・リフォーム 法人対応など太陽光・蓄電池・エコキュート など太陽光・蓄電池・エコキュート・法人対応 など
保証メーカー保証に加え10年の自社保証を付帯定期点検を実施各種メーカー保証どの業務においても、かならず1年後に再確認を行う。定期点検を実施(モジュール表面洗浄、各種点検、発電量計測など)太陽光発電設置後も、 節約情報や最新情報をLINEで配信中。固定価格買取制度が終了したあとも、依頼人のエコライフを長期にわたってサポートする。設置後10年間保証
※一部メーカー対象外
実績太陽光発電3,000件以上
蓄電池1,000件以上
1997年から太陽光発電普及に取り組んできた、実績と信頼がある。静岡県西部を中心に、1,000棟以上の施工実績がある。1997年の創業から25年以上の経験・実績がある静岡県を中心に全国で太陽光発電の販売施工を展開し、信頼性の高い施工方法をを提案している。販売実績25年以上地域密着企業として地元浜松で10年以上、1,000件以上の施工を実施。
問い合わせ電話・メールフォーム電話・メールフォーム電話・メールフォーム電話・メールフォーム電話メールフォーム・LINE電話・メールフォーム
営業時間9:00~17:00
定休日:土日
9:00〜18:00平日:8:00~17:00記載なし8:00~20:009:00~20:00
年中無休 ( 土・日・祝日も営業中)※年末年始を除く
8:30~17:30
会社所在地〒430-0944
静岡県浜松市中区田町326-4
棒屋第4ビル2階
〒432-8063
静岡県浜松市南区小沢渡町17-1
〒432-8048
静岡県浜松市中区森田町80
〒436-0029 
静岡県掛川市南2-7-77
〒436-0028
静岡県掛川市亀の甲2丁目10-5
〒420-0042
静岡県静岡市葵区駒形通6-7-18
市川ビル1階
〒434-0004
静岡県浜松市浜北区宮口460-1
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
公式サイト公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ